油絵人物画の制作過程を紹介 直観を生かした作画工程 後編

 

 

f:id:oekakitosan:20200922191542j:plain

お絵描き父さんのブログ絵画教室へようこそ。

ご訪問いただき誠にありがとうございます。

 

今回は 『直感を生かした作画工程』シリーズ後編となっております。内容としましては、前回の着彩工程の続きです。(ちなみに2012年の私の作品を参考にしております。)

前回記事を未読の方はどうぞ👇 

www.oekakitosan.jp

 
今回着目するポイントは

①どんな絵の具を使用しているのか

②下層描き(1層目)から完成に向かって、どのように作画工程が変化するのか

 

という2点になります。 

 

使用している油絵の具について

作画工程の続きに入る前に、実際に使用した油絵の具について話してみようと思います。参考程度にご覧ください。(絵の具について詳しくはまた別の記事で紹介します。)

まず、下の写真が今回の絵の着彩工程で使用した絵の具になります。

f:id:oekakitosan:20200922191524j:plain

ほとんどがクサカベの油絵の具になります。一部マツダスーパーも使用してます。

 皆さん油絵を始めたばかりの方でしたら、クサカベの油絵の具をおすすめいたします。

品質はかなり良く高級油絵の具の部類に入るといっても過言ではありません。クサカベの絵具は使用感にハズレが無く、堅実な表現を実現してくれます。

派手さはありませんが、落ち着いた作品に仕上がります

いままで、安い絵の具などを使用していた方は是非この機会に使用してみてください。急にうまくなったように感じるほどです。高級ですが、手が出せない程の値段ではないので、奮発して購入しても後悔しないはずです。

というのも、正直、油彩画は絵の具で大きく変わります。良い作品を描きたければ、支持体の選択と同じくらい油絵の具も特別なものにしましょう。

色によって、顔料の物質によって、値段は全く違います。たまに、とんでもなく高い色もあります(バーミリオンなどは、通常サイズの9号でも4000~5000円くらいします)

ただ、バーミリオンなど必要不可欠な色は、少々高くても揃えておきましょう

自分への投資と思ってください。

チューブのサイズは、基本的に40mlの9号チューブを購入してください。20mlの6号チューブでは小さすぎます。あまり使わない色であれば6号でも大丈夫です。

ホワイト系は、私の場合 110mlの20号サイズを常備しております。ホワイトは一番使うので大きいほうが無難です。

 

道具については、また別の記事で取り上げますので、その時に読んでみてください。

下に、アマゾンのセット商品を参考までに乗せておきます。👇

着彩工程の続き

1層目の続き

 着彩工程の続きの紹介に入ります。

前回は下の写真のところまで紹介しました。👇

f:id:oekakitosan:20200922191507j:plain 

2層目以降のために筆のタッチを残しておきましたね。

前回説明した、ぼかしで使用する扇形の筆は、下の写真の様なものになります👇

f:id:oekakitosan:20200924231912j:plain

この形の筆で、化粧をするように色を馴染ませ、肌の質感を表現したりします。

 

では、さらに、筆のタッチ原色を残しつつ、1層目を進めていきましょう。  

1層目を少し進めます。👇

f:id:oekakitosan:20200922191511j:plain

f:id:oekakitosan:20200922191515j:plain

1層目完了。

1層目の攻め方としては、技法によって様々ですので、いろいろな方法を試してみて、自分に合ったやり方を見つけましょう。今回のように、技法を混ぜ合わせてみても面白いと思います。

自らの表現を完成させるため、1層目から工夫を取り入れてみることをお勧めします。

 

下図のように、筆のタッチをあえて残すことも重要です。先ほど述べた様に、2層目以降の、筆の引っ掛かりがよくなり、色を乗せやすくなります。参考にしてみてください。 

f:id:oekakitosan:20200922191520j:plain

2層目~3層目~完成へ

この流れで、2層目3層目と描き進めます。

ちなみにパレットの状態は下の写真のようになってます。👇

f:id:oekakitosan:20200922191528j:plain

グレーズ工程で使用した、モノトーンの絵具も、まだパレットに残ってます。

制作が日をまたぐ際には、サランラップでくるんでおくと、パレットに残った絵の具の持ちを伸ばすことが出来ます。

パレットは紙パレットを使用してます。今の私でしたら、木パレットガラスのパレットを使用するかもしれません。紙パレットは使用したら捨てるだけで良いので便利ですが、あくまで木パレットやガラスパレットの代用品という位置づけになります。

 

では、制作工程に戻りましょう。

2層目から完成に向かって、より表現が細かくなり、色も複雑になっていきます。また、使用するオイルも乾性油の比率が増えていきます。

よりタッチが細かくなり、より乾性油の量が増え、透明感のある着彩工程に入っていきます。 

少し細かい色の混色を乗せたり、また引き続き原色をのせたりして、肌の表現を馴染ませていきます。

f:id:oekakitosan:20200922191532j:plain

完成に近づくにつれ、筆のタッチも少しずつ無くしていきます。

f:id:oekakitosan:20200922191537j:plain 

3層目で仕上げます。3層目では、かなりやわらかく馴染ませる段階になります。

イタチの面相筆を使用してふんわり馴染ませてみました。

f:id:oekakitosan:20200922191542j:plain

そして、完成になります。👇

f:id:oekakitosan:20200922191548j:plain

今回の描きかたは、あまり頭を使わない描き方といいますか、感覚的な描き方になってます。

 

今回はここまでです。

後編も読んでいただき誠にありがとうございました。