油絵が上達したい方必見!解説記事→CLICK!

ケトジェニック中に甘い物が食べたい!!おすすめ方法を御紹介

ケトジェニック中は、糖質制限と違い食事の量は多く食べられるので空腹に悩まされる事は少ないといえます。

ですが、甘いものをどうしても食べたくなる時があるはずです。周りにはおいしそうな炭水化物があふれています。まさに甘さで人を釣っているようなこの世の中で、糖質をほぼカットするという状況はあり得ないくらい耐え難い時もあるでしょう。

では、どうすればその気持ちを収める事ができるでしょうか。我慢は良くないです。何とか賢く対処したいですね。

その問題を解決してくれる救世主が「甘味料」です。低糖質と呼ばれる商品は大体この人工甘味料が入ってます。

では具体的に解説していきます。皆さんの気持ちを満足させて楽しいダイエットライフを送りましょう!

今回の記事でお伝えする内容は以下の通りです。
①甘いものが食べたければ、甘味料を使えば良い。
②というか自分で作れば良い
③糖質制限の商品を売ってるおすすめのお店を紹介

と、その前に覚えておいてほしい成分表記の見方を示しておきます。

炭水化物=糖質+食物繊維

なので、こうとも言えます。

糖質=炭水化物量-食物繊維量

商品を購入する際はこのルールを覚えておいてください。

(※ケトジェニックダイエットの導入方法などは他の記事でご覧ください。)

目次

ケトジェニック中に甘いスイーツが食べたい時におすすめの方法

糖質オフのケトジェニックを続けていると、たまにどうしても甘いのものが食べたくなる時があります。でも糖分を摂取するとケトジェニックは解除されます。そういう場合に取れる方法が、人工甘味料を用いるという方法です。もしくは糖質カットのスイートを購入する事も出来ます。詳しく説明します。

人工甘味料を使う

人工甘味料を、純正ココアに入れたり、無調整豆乳と全卵を入れたものに加えて豆乳セーキを作ったり、デザートを手作りする際に使ったりと活躍の場面が多い人工甘味料。その種類と特徴を解説していきます。

シナモンはケトジェニック中に糖質の代わりにはなりません。さらに水溶性ではないので、液体に溶けないという残念仕様を併せ持ってもいます。シナモンの8割は糖質なので、ケトジェニック中には相応しく無いのです。少量での香り付け程度にとどめましょう。

パルスイート

最も砂糖の味に近い人工甘味料です。砂糖の3/1の量で、砂糖と同等の甘さになります。天然甘味料のエリスリトールと、人工甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム、アドバンテーム、スクラロースの4種類)の5種類の甘味料を組み合わせて、砂糖の味に近づけて作られています。よくスーパーなどでも砂糖コーナーに見かけますね。アマゾンでも安く購入できます。シロップタイプが使いやすいです。
5種類の甘味料が混ぜられていますが、主成分がエリスリトールという天然甘味料なので、人工甘味料が心配な方でも比較的安心して用いられるでしょう。

このデカいの一個買っとけば便利です。私はいつもこれを買ってます。ケトジェニックじゃなくても、糖質を減らしたい時におすすめです。

こちらは粉タイプ。でも液体タイプで良いです。

ラカンカ抽出物

羅漢果という希少な植物からとれるラカンカ抽出物。ラカントSシロップという商品がスーパーで安く売っています。エリスリトールという甘味料も加えられてますが、ラカンカ抽出物もエリスリトールも天然の甘味料で人工甘味料に抵抗のある方は、このラカントSがもっともおすすめです

f:id:oekakitosan:20201020134252j:plain

エリスリトール

デンプンを原料とした発酵甘味料である天然のエリスリトール。あまりスーパーでは売ってません。個人的にはパルスイートか、ラカントSを購入する事をお勧めします。展開されている商品も多いですし味が整えられてるので。

人工甘味料に対する個人的感想

あくまで私個人の感想ですが、味はパルスイートがおいしくて、甘さもとても強いと感じました。使いやすいイメージです。ほんの少し入れるだけでも甘くなります。

自分でデザートを作ってみる

最近は、糖質制限食を作る料理教室なんかもあり、以前より糖質制限料理の敷居は低くなっています。サイトも充実しているので、一度調べて作ってみてはいかがでしょうか。

ここでは私個人がおすすめする自分で作れる糖質カットデザートを紹介します。参考程度にご覧ください。

糖質カットココア

普通に売ってるミルクココアとかは、かなり糖分が入っています。でも人工甘味料を用いるなら、ケトジェニック用ココアを作れます。

用意するのは、無糖カカオパウダー(純正ココア)と、人工甘味料と、無調整豆乳です。豆乳は必ず無調整豆乳してください。調整豆乳では余分な糖分が含まれています。これらを混ぜて糖質カットを作る事が出来ます。

※もし味にコクを出したい場合はグラスフェッドバターを加えます。このバターは通常のバターと違い、牧草のみを食べた牛からとれるバターで、コーヒーやココアなどに入れることが出来ます。一時期流行った、バターコーヒーも、このバターを使用しています。

👆かなり安いです。スーパーで買うより大分お得

👆よくスーパーで売っている100gの倍です。グラム当たりの値段で言えばスーパーより安いです。

👆スーパーでも安く売ってるんですが、断然アマゾンをお勧めします。何といっても重い!定期お得便で、15%オフならもっとお得です。私は毎月6本入りを3ボックスAmazonで買ってます

👆こちらはグラスフェッドバターです。スーパーでは売ってないので、アマゾンで買ってます。冷凍で届きます。コストコとかでは売ってるのかな。知りませんが。

豆乳ヨーグルト

豆乳グルトという、豆乳ヨーグルトをスーパーで購入して、それに人工甘味料を混ぜるだけでおいしいヨーグルトの出来上がりです。ケトジェニック中は乳製品がかなり制限されるので、ヨーグルトを食べたくなったらこの方法を試してください。

豆乳セーキ

ミルクセーキを無調整豆乳で作ります。レンジOKのコップに無調整豆乳と全卵、人工甘味料を入れ(お好みでショウガも加える)、よく混ぜてレンジでチン。卵白が固まる直前まで熱したら出来上がり(やり過ぎたら白身が固まるので注意)。

低糖質デザートを購入する

最近は、低糖質デザートがかなり流行ってます。ただ注意してください!!それらの殆どがケトジェニック中の人を対象に売られているものではない、という点です。単なる糖質カットの商品でケトジェニック的にはアウトのものが多いです。成分表を必ずチェックしてください。

例えば、糖質ゼロのアイスサンドが売ってるとします。その商品のアイスの部分は確かに糖質ゼロでも、それをはさんでいるバンズが小麦粉で糖質たっぷりだったりする場合があります。ちょっとしたトラップです。注意しましょう。

では、そういった心配の無い安心の商品を紹介します。

シャトレーゼで購入する

それはシャトレーゼの糖質カットデザートです!!超おすすめ!!

糖質もしっかりカットされており、安心してケトジェニック中も食べることが出来ます。

シャトレーゼだと近くにあるよ、という方も多いでしょう。値段は安くは無いですが糖質カットスイーツの中では安い部類に入ります

f:id:oekakitosan:20201020203829j:plain
シャトレーゼの糖質カット商品

一番おすすめが砂糖を一切使っていない生チョコ。神がかったうまさです。

f:id:oekakitosan:20201020203947j:plain
このうまさで糖質カット。信じられない...

糖質カットのパンもあります。ケトジェニック中は小麦粉が食べられないので、パンが食べれるのは嬉しい限りです。

f:id:oekakitosan:20201020203838j:plain
どこから見てもパン
f:id:oekakitosan:20201020203850j:plain

アイスもあります!!本当に糖質カットかと疑いそうになるレベル。もちろん糖質は5g以下でケト中も大丈夫。

f:id:oekakitosan:20201022233915j:plain
f:id:oekakitosan:20201022233841j:plain

アマゾンで糖質カットスイーツを購入する

アマゾンでも糖質カットのデザートが売っていますがかなりお値段がします。なので、その中でもコスパに優れているアイスクリームのを一つ紹介します。

👆こちらのアイスは、糖質カットアイスとして安心して食べられます。難消化デキストリンというものが入っていますが、この成分は糖質としては体に吸収されませんので心配いりません。スーパーで売ってるSUNAOというアイスよりはこちらのほうが糖質が少なくてお勧めです。

今回の記事はここまでとなります。

ケトジェニックは賢く実践しないと効果が出ませんので、一日の摂取カロリーをよく確認して、運動も取り入れながら正しくおこなっていきましょう。どうしても甘いものが食べたい時は、今回紹介した方法も参考にしてみてください。
以下にケトジェニックと運動の組み合わせについて取り上げた記事を紹介いたします。是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる