ケトジェニックにチートデイは必要か

どうも、陸上の短距離競技をしながら、ケトジェニックダイエットで体脂肪を落としている管理人のお絵描き父さんです。今回は、以下の質問に答えていきます。

ケトジェニック中にチートデイは必要?

という質問です。最初に結論を言ってしまうと、必要ありません

目次

そもそもチートデイは必要ではない

そもそもチートデイを必要ありきで考えているのが間違っています。

チートデイとは:
チート=だますという意味。低カロリー摂取に対応してエネルギー消費を抑える「ホメオスタシス」という身体の機能に対して、高カロリー食などを一気に放り込み、代謝カロリーを戻す(増やす)目的で行われます。おもにプロボディービルダーに用いられている手法ですが、日本のボディービルダーの中にはチートデイを行っていない選手が多いです。少し普段より炭水化物の摂取カロリーを増やして体温を上昇させ、血液を循環させて、またダイエットを効率的に行うという方法で行われている場合が多いです。

よっぽど筋肉量の多いプロのボディービルダーの方であれば、チートデイは効果的かもしれませんが、ほとんどの人がそうではありません
単純に体がびっくりして健康的に良くないでしょう。競技を真剣にされている方は、胃が丈夫かもしれませんが、一般的に考えて、身体には良くない行為と言えます。

巷でよく知られているダイエット法や健康法を鵜呑みにせず、まずは疑う事をお勧めします。そのほうが安全だからです。あなたの身体はあなたで守りましょう。
大抵はアメリカ雑誌「マッスル&フィットネス」という筋トレマガジンから、こういった情報は流れてきますが(私もよく読みます)、あの雑誌に載っているボディービルダーの写真を見ると尋常じゃない体つきをしています。我々と同じ生き物では無いと思ってしまうほどです。なので、あのような情報は参考程度にしてください。全てあてはまるわけでは無いのです。無理して身体壊しても意味ないですから。

安全性の点から言うと、ケトジェニックは比較的安全に行えるダイエットとしてすすめられています。小児てんかん治療の一環として、もともと医学的に考えられた食事療法でして、3年以上の長いスパンで行われる目的で発明されたものです。正しいマニュアルに沿って行うなら、特に健康的被害があるわけでは無いと言われています。

話しを戻しますと、

チートデイは必ずしも必要ではない。
チートデイは、そもそもローカーボ(低糖質ダイエット)を行っている際に用いられる方法

という点に留意してください。②の説明をしますと、ケトジェニックとは、ローカーボダイエットでは無くほぼ糖質は取らないダイエットです。なのでチートデイが必要かどうかという論議自体が矛盾しているのです。チートデイはカーボを取りまくるわけですから。
ケトジェニックダイエットにおいては、長いスパンで考え、少しづつ体重を減らす目的で行いましょう。というか、もともとダイエットとはそういうものなのです。長年かけて体についた脂肪を短時間で過激に落とすのは普通に考えて体に良くないです

ちなみに、ケトジェニックで最初一気に体重が落ちるのは、体内のグリコーゲンが枯渇することによっておこるものです。ケトジェニックの本当の効果は枯渇した後で少しづつ脂肪を減らしていく点にあります。

チートを行わず効果的にケトジェニックダイエットを進める

ではどのようにチートデイを挟まずケトジェニックダイエットを進めると効果的でしょうか。下記に簡単にまとめておきます。

①ケトジェニックはチートデイを挟まず、最低三ヶ月のスパンでみて、消費カロリーより摂取カロリーが少しづつ少なくなるように計算する。基礎代謝を落とさないように高重量負荷での筋トレを定期的に行いながら、少しずつ体脂肪が落ちていくように自制心をもって行っていく。
②速く結果を出したければ、L-カルニチンを飲んで有酸素運動を行う。有酸素運動で用いられるケトン体がどんどん消費されて体脂肪を減らすことが出来る。
③そして、やはりお酒は控えましょう。お酒のアルコールを消費するために肝臓が最優先で働くため、一緒に取った脂肪分は消費されず体に蓄えられていきます。お酒を呑んでいるのに、チートデイがどうとか言ってるのでは全く本末転倒な話です。

まとめ

いかがだったでしょうか。チートデイは必ずしも必要ではないという事が分かっていただけたでしょうか。そもそも、チートデイはプロボディービルダーが行っている手法で、プロに至ってはドーピングなんかも併用してますので、私たち一般人には当てはまらないことが多いです。さらに言うと、ケトジェニックはローカーボダイエットでは無いので、チートデイで多くのカーボ(炭水化物)を入れるというのは矛盾していることが分かりますね。カーボを入れた瞬間、ケトーシスは解除されますので。

補足ですが、ある医学的見解では、ケトジェニック中血糖値が下がっているところに、急にチート食などで血液中の糖分が上がると血管に傷がつくという見解もあります。怖いですね...若い人であれば血糖値が急に上がりにくいのでまだ大丈夫かもしれませんが、年齢のいった方なら健康被害にも及ぶかもしれません。

ケトジェニック中にチートデイは必要ない

が、今回の答えになります。是非参考にしてみてください。
最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる