陸上短距離選手の適正体重と骨格について調査!

 
f:id:oekakitosan:20201123175212j:plain

こんにちは、当ブログへようこそ。

2016年10月(当時32歳)から、マスターズ陸上に挑戦している私が、以下の質問について調査したので、記事にまとめます。

  • 短距離を速く走る為に、体重は関係あるのか
  • 短距離選手としての適正体重は存在するのか
  • トップスプリンターの体重は参考になるのか

 私自身も疑問に思っていたことで、体重管理をどうすれば良いか分からず遠回りをしていましたが、今回調べた内容で一つ答えが得られました。

目次

短距離走と体重の関係

単純に考えて、物を移動させるとき、軽いものと重いものとで、どちらのほうが、速く、遠くへ運ぶことが出来るでしょうか。

答えは、もちろん軽いほうです。

サラブレッドのハンデ選では、強い馬に、重い重量を負担させる事がありますので、重さがいかに速さに影響するか分かるでしょう。

単に軽ければ良いのか

軽くても、走るのに必要な筋肉がないガリガリでは速いわけがありません。

多少デカくても、パワーのあるエンジンを積んでいる車のほうが、速く走れますし、馬も、ガリガリの馬より、サラブレッドのように大きなお尻を持った馬のほうが馬力があります。

例外的に、ガリガリで速い人はいますが、それは筋肉の質が良い、若者に当てはまる話で、実際マスターズ世代にもなると、筋肉が付いた上で痩せていないと、速く走れないのが、現状です。

ボディービルダーは遅い

速く走るには、デカくて速いエンジン(速筋)をつけながらも、限界まで体重を落とす必要がある、と分かって頂けたと思います。ここまでは誰もが分かる話ですが、では、何が、速く走るうえで人々を悩ませている点なのでしょうか。

それは、エンジンと体重のバランスを、多くの人が勘違いしている、という点です。

例えば、デカく重たい筋肉に包まれた、ミスターオリンピアに出るようなボディービルダーが、100m走を速く走れるでしょうか?

答えはは、恐らくNOでしょう。

脂肪ではなく、筋肉が付いているので、体重の割には速いですが、それでもスプリンターとして戦えるレベルにはありません。ボテボテと重たく、歩くだけでも大変そうです。

相撲選手やプロレスラーなど、身体が極端にデカイ割には速くても、陸上の試合に出て、速く走れるわけではありません。(彼らは彼らで、素晴らしいアスリートなのはもちろんなので、その点はご了承ください。)

ここで、問題を解決するのが「適正体重」という概念です。

相撲選手や、プロレスラーは、当人のスポーツスタイルに、あの体格が適しているわけです。当たり前の話をしてます。

彼らのスポーツにおける「適正体重」と表現できます。

要は、体重が適正でなければ、そのスポーツにおいて、最高のパフォーマンスを発揮できないというわけです。

格闘技などでも、体重別で試合が組まれていますが、それほどまでに、体重がパフォーマンスに影響する、という事なのです。

短距離選手の適正体重とは

では、陸上の短距離走における、適正な体重とはいくらになるでしょうか。

以下の計算式で短距離選手の適正体重が算出できます。

身長一110~115=短距離選手の適正体重

ほとんどの人が、この計算式に当てはまります。人によって、骨格や、筋肉のつき方がちがうと言われるかもしれませんが、人間という種族のくくりで、ほとんど体つきに差はありません。宇宙人であると言うのなら話は別ですが…カバとキリンじゃ無いので、差は無いと考えてもらって大丈夫です。

細かい事を気にせず、この計算式に当てはめましょう。それで、大体解決します。

短距離選手の体脂肪率

体脂肪率は、8%(+-2)くらいを見ておいてください。

ただ、30歳未満の男性平均で14~20% 30歳未満の女性平均で17~24%なので、短距離選手の体脂肪率は、相当低いことが分かります。

無理は禁物です。

トップスプリンターの身長と体重

トップスプリンターの身長と体重を考察するのは、かなり楽しく参考になります

有益な情報になると思いますので、次回の記事にまとめたいと考えております。

楽しみにしておいてください。

今回の記事はここまでとなります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後の記事もよろしくお願いいたします。

最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。


 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

oekakitosanのアバター oekakitosan ただの会社員

会社員をしながら、空き時間にブログ執筆、絵画制作、筋トレなどのルーティンをこなす毎日。
会社ではなく、人生におけるキャリアアップを目指す。
当ブログにおいて、ブログ絵画教室を開講。
皆さんの役に立ちながら、稼げる方法を模索中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる