ケトジェニックダイエット中にアルコールを摂取すると太る?どうしてもケトジェニック中にアルコールを呑みたい方におすすめのお酒も紹介

 

 

f:id:oekakitosan:20201108150507j:plain

どうも、37歳でかなり痩せにくくなってきたことを日々痛感しているブログ管理人のお絵描き父さんです。現在、絶賛ケトジェニックダイエット中です。

 

今回は、下記の質問に答えます。

①ケトジェニックダイエット中にアルコールは呑んで良いの?

②どうしても摂取したい場合、どんなお酒がOK?

 

この二点になります。

私の個人的な見解も含めて執筆いたしました。

 

最初に結論を言いますと、どんなダイエットにもかかわらず、痩せたければアルコールは飲まないほうが良いです。

 

 

アルコールが及ぼす影響はケトジェニック中も例外ではない

皆さんご存知の方も多いと思います。アルコールはエンプティーカロリーと言われ、肝臓で最初に消費されるカロリーです。アルコールは体にとって毒素なので、飲んだ習慣から真っ先に消費されます。

アルコール自体もカロリーがあって(エンプティーカロリー)、身体は異物であるアルコールの分解に、総動員されますので、同時に摂取した食事のカロリーは後回しになって、脂肪として蓄えられます。

この事実は、ケトジェニック中であろうが例外ではありません

また、そもそもケトジェニックは糖質を摂取しない食事法ですが、ケトジェニック中に必要とされる脂質などが、エンプティーカロリーの後回しになって、とった分太ることになるのです。

結局、ケトジェニック中であろうが無かろうが、アルコールと同時に摂取した食事のカロリーが、脂肪へと蓄えられやすくなるのです。

【個人的見解】ケトジェニック中のアルコール摂取は二日酔いになりやすい

※この見出し内は個人的見解になります。

ケトジェニック中のアルコール摂取は、私個人の経験上、次の日がかなりしんどいです。私は絶対飲む前にウコンを摂取するようにしていますが、それでも次の日にかなり影響します。おそらくですが、ケトジェニック中は糖質を全く取れないので、アルコールを分解する糖分が不足して、二日酔いになりやすいのではないかと、推測しております。

よく、二日酔いを改善するために、オレンジジュースやポカリなど、甘いものを摂取するように勧められますが、全部ケトジェニック中飲めません。さらに言うと、しめの雑炊やラーメンなんかも全部食べれません...

ケトジェニックダイエットは、アルコールの分解という点においては、不利なダイエットと言えるかもしれません。

【結論】ケトジェニック中のアルコールはOK?

まあ、ケトジェニックダイエット中の私が飲んでいることから分かる通り、ケトジェニック中のアルコール摂取はOKなのはOKです。そして糖質のないアルコールに限ります

ただ、それによって太ってしまったり痩せにくくなったりするのは自己責任でお願いします。アルコールを摂取したら、同時に食べた食事分は太ります。それは事実です。

 

では、なにも食べずにアルコールだけ飲めばいいんじゃないの?

身体悪くします...ただでさえ、糖質を取れなくて体内で分解されにくいので、せめてタンパク質はしっかり取りましょう。ダイエットどころか不健康になって、何してんの?って話になります。

 

ただ、ケトジェニックをダイエットの為に行っている以上、基本的にアルコールは控えるのが筋だと思います。

ケトジェニック中に飲んで良いアルコールとは?

先ほど述べた通り、ケトジェニック中に飲めるお酒は糖質の無いものになります。

一般的に、他のブログなどでも紹介されているのは、ビールとか糖質のあるお酒が駄目で、蒸留酒や辛口のワインなど糖質の無いものがOKと書かれていますが、それだとあまりにも不親切な解説なので、酒好きの私が個人的に掘り下げて解説していきます。

ビール

基本的に駄目です。糖分が入ってるからです。でも、例外があります。糖質ゼロのビールならOK。スーパーで売っていることが少ないので、配達もしてくれるアマゾンで購入しましょう。少し割高ですが、重たい配達の手間代も入れておすすめです。

味、飲みやすさ共にダントツでおすすめなのが、アサヒの糖質ゼロビールです。

下記に、リンクを載せておきます。是非こちらのリンクより購入してみてください

 350ml×24本

 

 

500ml×24本

 

ワイン

ワインは辛口ならOKです、、、って、他サイトとかに載ってますが、赤ワインは基本的に全て辛口です。ただ日本では、甘口の赤ワインなどよく見ますが、海外製のワインは辛口とか甘口とか記載されてません。ミディアムボディとかフルボディとかの記載ですね。これらは、すべて辛口なのです。その点は留意ください。

ただ日本のワインなどもあるので、記載はよく見て購入しましょう。

個人的におすすめは、イエローテイルシリーズの赤ワインです。ちなみに、シャトレーゼの赤ワインも、辛口ですが軽い飲み口で女性におすすめです。

蒸留酒

ウイスキー、ブランデー、米焼酎、芋焼酎、麦焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、テキーラ、泡盛、などの蒸留酒は、糖質が含まれていないので、OKです。

ハイボール

蒸留酒を炭酸で割っただけのものはOKです。ただ、ほかのコーラ割とかジンジャー割とか糖質の含まれているものは駄目です。

ウーロンハイ

麦焼酎を単にウーロン茶で割っているだけなのでOKです。このように、蒸留酒を糖質のないもので割っている場合は全てOKです。

ストロングゼロなど

これら、アルコール度数の高いストロングゼロ系のスピリッツも、糖質がほぼ無いタイプであればOKです。あれらは、人工甘味料で甘く味が整えられています。正直、ストロングゼロ系がOKなのは、驚きました。

ただ、かなりグイグイ行けてしまって体に悪いと思いますし、二日酔いの危険も増しますので、その点はよく考えて飲みましょう...

まとめ

いかがだったでしょうか。アルコール自体、同時に摂取する食事の分解を遅らせ太りやすくしてしまうのは変わりないという事が分かっていただけたかと思います。また、なにも食べずにアルコールだけ摂取するのも体に悪いので、結局アルコールを飲むという事は、太りやすくなる、と結論付けることもできました。

ケトジェニック中もアルコールを摂取することは可能ですが、ダイエットの進行具合と自らの健康・体調も考えて、うまく付き合っていくことをお勧めします。

今回は個人的見解も含みましたが、参考にしていただけると思います。

読んで下さり、ありがとうございました。

 最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。