ケトジェニック中におけるチートデイは必要か

 

 

f:id:oekakitosan:20201020145256j:plain

どうも、陸上の短距離競技をしながら、ケトジェニックダイエットで体脂肪を落としている管理人のお絵描き父さんです。

今回は、以下の質問に答えていきます。

 

ケトジェニック中にチートデイは必要?

 

という質問です。

最初に結論を言ってしまうと、必要ありません

 

そもそもチートデイは必要ではない

そもそも、チートデイというものを必要ありきで考えているのが間違っています。

チートデイは、身体が低カロリー摂取に対応してエネルギー消費を抑えるホメオスタシスという人間の機能に対して、だますという意味でどんどんエネルギーを放り込み、また消費カロリーを戻す(増やす)目的で行われます。おもにプロボディービルダーに用いられている手法ですが、日本のボディービルダーの中にはチートデイを行っていない方が多いです。というか、少し普段より炭水化物の摂取カロリーを増やして、体温を上昇させ、血液を循環させ、またダイエットを効率的に行うという目的で行われている場合が多いです。

 

よっぽど筋肉量の多いプロのボディービルダーの方であれば、効果的かもしれませんが、ほとんどの人がそうではありません

 

単純に体がびっくりして健康的に良くないです。ボディービルダーを真剣にされている方などは、胃も相当強靭ですので、たまに取り入れたぐらいでは大丈夫なのかもしれませんが、それでも普通に考えてあんまり身体には良くないでしょう。

 

巷でよく知られているダイエット法や健康法を鵜呑みにせず、まずは疑いましょう。そのほうが安全です。

大体アメリカ雑誌の「マッスル&フィットネス」という筋トレマガジンから、こういった情報は日本に流れていますが(私もよく読みます。)、あの写真に載っているボディービルダーの身体を見てください!尋常じゃないです!我々と別の生き物です。なので、それらの情報は参考程度にし、全てあてはまるわけでは無い事を覚えておきましょう。

無理して身体壊しても意味ないですから。

 

そういった意味でも、ケトジェニックは一般の人々にも比較的安全に行えるダイエットとして、おすすめというわけです。小児てんかん症の治療の一環としてもともと医学的に考えられた食事療法でして、3年以上の長いスパンで行われる目的で発明されたものなので、正しいマニュアルに沿って行うなら、特に健康的に被害があるわけでは無いという事が分かります。

 

話しを戻しますと、

チートデイは必ずしも必要ではない。

チートデイは、そもそもローカーボ(低糖質ダイエット)を行っている際に用いられる方法

という点が、留意する点です。

ケトジェニックとは、ローカーボダイエットではありません。完全に脂質をエネルギーとするダイエットで、ローカーボどころかほぼ糖質は取りません。なのでチートデイが必要かどうかという論議自体必要ないことが分かります。

 

ケトジェニックダイエットにおいては、長いスパンで考え、少しづつ体重を減らす目的で行いましょう。というか、もともとダイエットとはそういうものなのです。長年かけて体についた脂肪を短時間で過激に落とすのは普通に考えて体に良くないです。

ちなみに、ケトジェニックで最初一気に体重が落ちるのは、体内のグリコーゲンが枯渇することによっておこるものです。ケトジェニックの本当の効果とは少しづつ、体脂肪を減らしていくことにあります。

 

効果的にケトジェニックダイエットを進める方法

ではどのようにケトジェニックでダイエットを進めると効果的か、下記に簡単にまとめておきます。

 

①ケトジェニックはチートデイを挟まず、最低三ヶ月のスパンでみて、消費カロリーより摂取カロリーが少しづつ少なくなるように計算して、代謝を落とさないように無酸素トレーニングである高重量での筋トレを定期的に行いながら、ちょっとずつ体脂肪が落ちていくように自制心をもって行っていくのがベストです。

②速く結果を出したければ、L-カルニチンを飲んで、有酸素運動を行うなら、有酸素運動で用いられるケトン体をどんどん消費して、身体の脂肪を減らすことが出来るでしょう。

③そして、やはりお酒は控えましょう。お酒のアルコールを消費するために、肝臓が最優先で働くため、一緒に取った脂肪分は消費されず体に蓄えられていきます。お酒を呑んでいるのに、チートデイがどうとか言ってたら、全く本末転倒な話しです。

 

まとめ

どうだったでしょうか。チートデイは必ずしも必要ではないという事が分かっていただけたでしょうか。そもそも、チートデイはプロボディービルダーが行っている手法で、プロに至ってはドーピングなんかも併用してますので、私たち一般人には当てはまらないことが多いです。さらに言うと、ケトジェニックはローカーボダイエットでは無いので、チートデイで多くのカーボ(炭水化物)を身体に入れるという考え自体が出てこないことが分かります。カーボを入れた瞬間、ケトーシスは解除されますしね。

また、補足ですが、ある医学的見解では、ケトジェニック中、血糖値が下がっているところに、急にチート食などで一気に血液中の糖分が上がると、血管に傷がつくという見解もあります。怖いですね...若い人なら、血糖値が急に上がりにくいのでまだ大丈夫かもしれませんが、年齢のいった方なら健康被害にも及ぶかもしれません。

 

ケトジェニック中にチートデイは必要ない

というのが、私の答えになります。是非参考にしてみてください。

 

最後にこの記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。