油絵が上達したい方必見!解説記事→CLICK!

スケッチ道具は何を揃えればいい?

ようこそ、ブログ絵画教室へ。
今回は、スケッチを楽しむにあたって、用意しておくといい道具を紹介いたします。

お絵描き父さん

大学で絵画を学んだ者として、少しでも役立つアドバイスをしたく、今回の記事を執筆しました。宜しくお願いします。


究極道具は何でもいいですが、それを言うと元も子もないので、おすすめのスケッチ道具を紹介していきます。

あなたは画材が好きですか?私は大好きです。色とりどりの道具を見るだけでテンションが上がります。
画材屋さんで画材を眺めながら一日過ごすことができるほどです。

目次

スケッチを学びたい!道具は何を揃えればいい?

それでは、代表的なスケッチ道具を紹介していきます。水彩絵の具、パステル(コンテ)、鉛筆(木炭)の三種類になります。
個別に説明していきます。

水彩絵の具

まずは、手軽に色の表現ができる水彩絵の具です。
ほとんどの人が、学生時代に使用したことがある道具ですが、なかなか優れた画材になります。
水彩絵の具を、スケッチ道具として使用するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

私自身は、あまり水彩絵の具を用いた制作活動をしておらず、すぐに油絵のほうに進みましたので、それほど詳しくはないのですが、スケッチでの使用として水彩絵の具を評価すれば、色味があって綺麗に見えて、かなりメリットが大きいと言えます。
油絵ほど手間がかかりませんし、服も汚れません。
鉛筆の延長線上として、特につまずくことなく扱えるという点で、かなりおすすめです。

f:id:oekakitosan:20200921191555j:plain
水彩絵の具も侮れない絵画表現のひとつ

デメリット

比較的低い難易度で色彩を表現できる一方、やはり油絵の色彩表現を知っている私からすると、少し物足りなく感じ、バケツに水を汲んだり、色をチューブから出したり、ひと手間かけるのが面倒に感じてしまいます。それだったら、スケッチは鉛筆でおこない、本番を油絵で描こうと私は考えてしまうのです...
ただ、風景画を描く方などは、逆に手軽に行えて良いのではないでしょうか。

スケッチをどれほど凝ったものにするか、油絵へのステップとしてとらえているかなどにより、スケッチに使用する道具は変わると言えます。

パステル・コンテ

次に紹介するのが、個人的に一番お勧めのスケッチ道具である、コンテになります。ハードパステルともいわれます。
すぐに取り出して描けて、細い線から太い線、硬い表現からやわらかい表現まで、手の力の入れ方で幅広く表現を楽しめます。

私が使用しているパステルです

メリット

かなりおすすめの画材です。直観的に、素早い表現が可能で、こすって陰影を表現したり、広い範囲に当たりをつけたり、手は汚れますが、スピードが命のスケッチにおいて、強力な味方となってくれます。
特にクロッキー帳に、人物スケッチをするときには、かなりおすすめの画材です。いろんな色を買ってみてください。それぞれ、コンテの柔らかさが違い、描き味が違います。ヌーベルのカレーパステルを選びましょう。

人物クロッキーは、コンテ(ハードパステル)でおこないましょう!

大き目のクロッキー帳を用意して、時間を計って素早く人物スケッチをしてください。デッサン力を最も早く向上させるトレーニング法です。

デメリット

人物画のスケッチにおいては、コンテにこれといった欠点は見当たりません。
私自身、大学受験の勉強で画塾に通っていた頃は、ひたすらコンテで人物クロッキーを繰り返していました。
風景画のスケッチには向いてないかもしれません。
コンテで、画力が身についたら、デッサンや油絵など、どんどん次のステップに進んでいきましょう!!

鉛筆・木炭

最もベーシックなスケッチ道具です。だれもが知っている道具だからこそ、こだわりで差が生まれる画材でもあります。

わたくしのスケッチ道具の一部です

メリット

皆さんになじみがあって使用しやすい点がメリットでしょうか。
デッサンに直接つながる画材としてもおすすめです。
こすったり、立てたり寝かしたり、描き方を工夫してください。
時に、スケッチとデッサンの境目が分からなくなるので、鉛筆スケッチの際は、万能な2Bを使用して、素早く表現することを心がけましょう。
鉛筆はステッドラーやuniといった種類があります。こだわりがなければuniを購入しておきましょう。
練ゴムは、デッサンではないのであまり使用しなくて大丈夫です。失敗した線も画面に残しておきましょう。

デメリット

水彩やコンテと違い、色が単一です。
ただ、スケッチの目的は、形と陰影を素早く捉えることですので、気にするほどのデメリットではありません。
それよりも個人的に、コンテのほうが素早く大きな画面に調子を置けるので、人物クロッキーなどでは、鉛筆よりコンテを使ったほうが良いでしょう。

スケッチの極意

皆さんにお伝えできるスケッチの極意は、

できるだけ大きな画面に②素早く美しい線で、モチーフをとらえることです。

そう考えると、コンテや大きい筆を用いると、いい練習になるかも知れませんね。
いずれにせよ、皆さんが直感的にモチーフをとらえられる道具を探してみてください。
そして、ある程度のスキルが身についたら、デッサンや油絵などにどんどんステップアップしてください。

今回は代表的なスケッチ道具を紹介しましたが、基本的にどんな画材を使っても問題ありません。いろいろ試してみましょう。

記事はここまでとなります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※この記事が良かったと思ったら、是非、リンクをお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる