支持体に下地を施すために、『材料と道具を揃える』 前編

 

お絵描き父さんの絵画教室にようこそ。皆さんの絵画ライフは順調でしょうか。芸術を通して、人生に少しの安らぎを加えましょう。

 ※私のブログでは、新しく絵画制作に取り組み始めた、学生さん達のお役にも立てればと思い、作成しております。

 今回は、前回までの油絵の支持体シリーズ3部作の延長的な記事となります。

前編後編に分けて、道具の紹介をしていきます。

 まず前回までの支持体シリーズの復習をしておきましょう👇

①支持体とは油絵を描くキャンバスやパネルの事を言う。

②キャンバスは布の種類、布目の荒さ、吸収性、などに違いがあり、自分の表現にあわせて選ぶ。

③キャンバスもパネルも自分で作れるが、時間節約の為、市販のものを購入するのがおすすめ。ただ、サイズが無い場合は作るしかない。

④キャンバスとパネルはどちらも優れた支持体だが、初心者はパネルがおすすめ

⑤下地は、料理の下準備のようなもの。必須工程。

 過去の油絵支持体シリーズ3記事はこちら👇

www.oekakitosan.jp

www.oekakitosan.jp

 

www.oekakitosan.jp 

今回は、私のストックしている支持体の紹介をして、解説していきます。是非、参考にしてください。 

下地を施した支持体の紹介

下の写真が、私のキャンバスとパネルのストックになります👇

f:id:oekakitosan:20200927141435j:plain

 これらは、私自身で、下地を施しました。

詳しく解説していきます。拡大して細かく見ていきましょう。

綿布タイプ マグネットキャンバス

まず、綿布タイプの特殊な支持体です👇

f:id:oekakitosan:20200927141448j:plain

裏側がマグネットになっていて、冷蔵庫などに貼り付けることが出来ます。

クサカベの軟練りタイプのジェッソを刷毛で塗ってます。

 

綿布タイプ 異形キャンバス

次は、綿布タイプの簡易キャンバスです👇

f:id:oekakitosan:20200927141500j:plain

 ハート型や立体的な形のものなど、様々な形があります。

画材屋さんで見つけました。簡易な作りで、安いだけあり、ホッチキスで木枠に止めてあります。保存性に若干の不安ありです。

お世辞にも良いキャンバスとは言えないので、クサカベの軟練りタイプのジェッソを、しっかりとペインティングナイフで厚めに塗ってあります。下地をしっかり施しただけで、見違えるように支持体が良くなります。

麻布キャンバス 極細目 

次は、画材屋さんでセールしていた、極細目の麻布キャンバスです。

f:id:oekakitosan:20200927141512j:plain

麻布で、極細目という事で、結構な高級品だと思います。セールだったので、S3という描いたことのないサイズのキャンバスですが、思い切って購入しました。通常の値段だったら買ってません。

半吸収性のキャンバスなので、クサカベ軟練りタイプのジェッソを、ペインティングナイフで厚めに塗り、さらに平滑な画面にしてあります。精密描写には最適なキャンバスが出来上がりました。将来的に、写実の人物画を描きたいと考えてます。 

クレサンジャパン 木製パネル 

次は、前回記事でもさんざん紹介している、クレサンジャパンの木製パネルです。

f:id:oekakitosan:20200927141526j:plain

 品質は問題なし。下地には、ホルベインのジェッソS粒子タイプをナムラの刷毛で11層塗りました。Sタイプは、一番粒子が細かいタイプなので、細密画向きで、平滑な画面をつくるのに適しています。

※ジェッソの下地作りにおいては、次回の記事で工程を取り上げます。 

心配性の私は、念のため、下地を施す前に、水生のヤニ取りシーラーを刷毛で塗っています。コーナンかアマゾンで購入できます。

※木製パネルはシナベニヤで、基本ヤニは出にくいので、ヤニ取りシーラーを塗らなくても、大丈夫といえば大丈夫です... 

マルオカ製 木製パネル

次は、マルオカ製の木製パネルになります👇

f:id:oekakitosan:20200927141537j:plain

写真右側のパネルは、下描きスケッチのコピーをパネルの上に被せています。転写して、人物画の下絵とします。

マルオカ製のほうが少し品質が良い気がしますが、大差なくどちらも良い商品です。

 こちらも、ホルベインのジェッソS粒子タイプをナムラの刷毛で11層塗っております。

 

★ すべて、ジェッソの下地を施したら1週間ほど乾かし、耐水ペーパーのヤスリをかけて仕上げています。私は風呂場でおこなっています。つるつるにしてあります。

使用した道具の紹介

下記に、使用した商品リンクを載せておきます。私は、下地関連の購入は、画材屋さんではなく基本アマゾンで購入しています。家に持ち運ぶのが重たいからです。

クサカベジェッソ軟練りタイプ
クサカベ ジェッソ (軟練)フラットタイプ 900ml

クサカベ ジェッソ (軟練)フラットタイプ 900ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 私は容器に入っているタイプより、このチューブタイプが使いやすいです。使用する前に、よくもんでください。使用後は、空気が入らないように、ふたを閉めて保管しておきましょう。

ホルベインジェッソ
ホルベイン ジェッソ  M 標準微粒子 AM432 300ml

ホルベイン ジェッソ M 標準微粒子 AM432 300ml

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

クサカベの軟練りタイプに比べて、少し水っぽいです。細かい粒子の為、細密画向き。 

ペインティングナイフ

 広い範囲に、下地を塗る際に使用。

ホルベインのSタイプだと水っぽくて難しいですが、クサカベの軟練りタイプだと、刷毛より楽に塗れます。少し厚めに塗ることが出来ます。

ナムラの刷毛
ナムラ 刷毛 B印 絵刷毛 20号

ナムラ 刷毛 B印 絵刷毛 20号

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

下地を塗る際に使用刷毛で、抜け毛が少なく高品質なのでおすすめします。刷毛と言えば、ナムラが有名です。

クレサンジャパン 木製パネル
クレサンジャパン シナベニヤパネル F4 333×242mm
 

 

マルオカ 木製パネル
マルオカ工業 木製パネル HD-1 ジャケット判

マルオカ工業 木製パネル HD-1 ジャケット判

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

水性ヤニ取りシーラー

木のヤニを防ぎます。下地を施す前に、パネルの表面や側面に刷毛で塗ります。ただ、シナベニヤそのものが、ヤニが出にくいので、あまり必要性は高くないです。 

 

 前編はここまでとなります。 次回は、少し具体的に、道具の使用法などもあわせて紹介していきます。

 最後まで読んで下さりありがとうございました。