油絵が上達したい方必見!解説記事→CLICK!

ゲームは時間の無駄?いえ、実はそんなことありません。元ゲーム中毒者の私からのアドバイス

ゲームはあんまり良くないからしないほうが良いよ!

え、そんなこと言われたって!私はしたいんだもん!

お絵描き父さん

まあまあ...
でもゲームはなぜ良くないの?

だって時間の無駄だし頭が悪くなるでしょ?

お絵描き父さん

確かにそういう見解もあるかもしれないけど、適度なゲームはむしろ脳に良いんだよ

あなたは、ゲームを無駄な時間だと考えますか?もしくはやりすぎてむなしい気持ちになるでしょうか。
※ここでいうゲームとはテレビゲームやスマホゲームの事を言ってます。

確かにゲームのやりすぎは時間の浪費になりますが、適度に楽しむ分にはむしろメリットが多いと言えます。

私は過去にゲームに熱中しすぎて引きこもって大学に行かなくなり留年したことがあります。
そのような経験もあり、ゲームとの付き合い方を色々模索した結果、今では程良い距離間でゲームと付き合っています。
結果的に今ではゲームにもそれなりのメリットがある、という考えになりました。
ただ、確かにやりすぎてしまい人生に影響を与えることも事実ですので、一度人生で失敗している私の意見に耳を傾けてみてください。皆さんは間違っても私と同じような挫折は経験しないように。

この記事では、

①ゲームについて言われる一般的なデメリットとは?
②ゲームとうまく付き合うならメリットがある
③ゲーム中毒になったらどうすれば良いか

の三点について記しています。

目次

ゲームのデメリット

デメリットといいますか、考え方の違いなんですが、要は酒も適度なら血流を良くしたりリラックス効果があるけど、飲み過ぎは良くないよ、って話と似てます。絶対悪では無いという事です。(まあ、酒は身体にとって毒なんですけどね...)

デメリット①時間の無駄

ゲームは時間を浪費します。ただ、活動というものはどんなものでも時間を浪費します。あなたは、食べ過ぎは肥満になって不健康になるという理由で、食事の時間は無駄です、と結論づけますか?そうは言わないはずです。どれくらいの時間を費やすかは自分の選択次第です。後で述べますが、ゲームにはメリットもあり、適度な時間であれば時間の無駄にはならないのです。食事も適度であれば身体の健康に良いですが、食べ過ぎは身体に悪いのと同じです。

デメリット②中毒性がある

これは脳科学の話になりますが、ゲームをやっている最中には、私たちの脳の中でさまざまなホルモンが発生します。アドレナリンとかドーパミンとかテストステロンとか。その中のドーパミンが中毒症状を生み出します。

ドーパミンは目標をもって何かの努力をしている時に、目標に近づけたという実感を得られた時などに分泌されるホルモンでもあります。例えば将来、大学に入学する事を目標にしていて、模擬試験で良い結果が出ると、努力が実を結んでいってることを実感でき快感を感じます。その時にドーパミンが分泌されています。

ゲームで言えば、地道に障害を乗り越えていくとレベルが上がって恩恵が得られるのと似ています。その時にドーパミンは分泌します。

ですが、ゲームによってはそれらの工程を経ず、ガチャ要素などでひたすら快感を得られるようなタイプのゲームもあります。そういったゲームは、頑張って結果が出るタイプのゲームとは違って、何の頑張りもなしに恩恵を得られるようになっていますので、容易にドーパミン得られ中毒になってしまいます。ポルノを常習的に見て快楽を得続けている状態と似ています。

このような状態にならないために、ゲームを良く選び途中で切りよく辞められるタイプのゲームを、時間を決めて楽しみましょう。※例えばワンマッチ10分の対戦ゲームを、3マッチほどしたら終わる、等です。

デメリット③無気力になる

たまにゲーム中毒者などは、感情が無くなって無気力に見える場合があります。

これは、感情を産み出すホルモンが発生しなくなっているか、ホルモンバランスが崩れているためです。ホルモンの材料になるタンパク質をよくとり、他の活動もするようにしてください。そうすれば治ります。ドーパミンの受容体が破壊され無気力になったりするのです。ポルノ中毒者も同様の傾向がみられます。

必ず改善しますし、適度な時間のゲームでは無気力になったりしませんので安心してください。子供さんであれば、親と時間を決めて楽しむようにして下さい。

時間を決めてゲームしましょう

デメリット④頭が悪くなる

頭が悪くなるのはゲームをしているからでは無く、ゲームばかりしていて勉強しないからです。

例えば、筋肉を付けるためにはトレーニングをしなければなりません。でも、四六時中ずっとトレーニングしていたら疲れてしまって何もできなくなります。適度な休息が必要です。それと同じで、頭もたまにゲームをして休ませてあげれば、疲れが取れてまた頑張れるのです。頭が悪いのはその人の努力が足りないだけです。ゲームのせいにはしないようにしましょう。

親であれば、子供の為に勉強の環境を整えてあげましょう。賢い地域に引っ越すとか、塾に入れてあげるとか。そっちのほうが重要です。ゲームするしないは、そのあとで話し合えば良いです。

頭の悪さはゲームのせいではない

デメリット⑤睡眠の質が低下する

夜遅くにするのをやめましょう。メラトニンという睡眠に導くホルモンを阻害します。

デメリット⑥攻撃性が増す

先ほども述べたようにゲームをすると様々なホルモンが分泌されます。その中で、暴力的なゲームをするとテストステロンという男性ホルモンが多く分泌され攻撃的な人間になると研究では示唆されています。
え~だったら攻撃的なゲームをしなければ良いだけの事です。これで解決です。
各々個人や家庭の価値観でゲームジャンルを選びましょう。

カフェインは夜摂ると眠れなくなるよ、と伝えても「いや、俺はスタバで夜コーヒーを飲みたいんだ」と言われればそれ以上何も言えません。コーヒーが悪ではなく、摂取の仕方で状況が変わるだけです。ゲームなども、何のジャンルをするかは各家庭で話し合うか、個人でよく吟味すれば良いのです。

ゲームのメリット

こんな記事を書くとゲームを辞めさせよと思っている親御さんから批判されそうですが、ゲームは必ずしも悪ではないので、平衡のとれた見方をする上でも正しい知識を身に着けておきましょう。

メリット①脳が休まる

このメリットが最大の効果です。半ば強制的に脳が休む状態を作ってくれます。何故かというと、面白くて熱中するからです。とくに面倒な準備は必要ありません。電源を入れてプレイするだけです。こんな手っ取り早く熱中できるものって他にあるでしょうか?手軽に誰でも熱中できます。

そして文字通り脳は何も考えてません。普段仕事などで使う脳の部分とは全く違う部分が働いています。嫌な事も思い出さずにゲームに集中できるので、かなりリフレッシュできます。メンタル的にもとても良い効果があります。

メリット②想像力を高める

ゲームの世界観は、現実では味わえない世界です。それは、私たちの想像力を高めます。ゲームだからこそ語れる物語があります。ゲームは素晴らしいです。

私は絵を描いてますが、少なからずゲームで得た想像力がそこに生かされています。芸術の道に進む方は、ゲームをすることはむしろ必須でしょう。

ゲームの世界で想像力を鍛える

メリット③頭脳の発達

パズル形式のゲームであれば脳の体操になります。オンライン対戦であれば作戦を練り連携を取り、空間感覚を駆使して成功に導かなくてはなりません。ゲームが上手い人は頭が良いです。手の体操にもなりますので、脳にはとても良い事と言えます。

あなたがゲーム中毒の場合

もしあなたが適度にゲームをするどころじゃなく、ゲーム中毒になっていたら心療内科を受診してください。ドーパミン中毒になっていて、やめるにやめられなくなっていきます。

もし病院に行きたくない場合は、次の通りにしてください。

①生活リズムを整える。日中に仕事を入れるなど強制的に環境を作る。
②ゲームをやりたくなったら筋トレをする。なんでも良いのですが筋トレが一番良いです。
③夜は早く寝る。遅くまで起きるとリズムが崩れ精神面で問題が起きやすくなります。
④ビタミンなどの栄養をよく取る。うつ状態などを防ぎます。

以下にメンタルを整えるサプリについて取り上げていますので参考にしてください。

まとめ

ゲームジャンルは良く選びましょうってことです。そして適度な時間で、リラックスを目的にゲームをしましょう。
私は、月1,2回にしています。それでも充分ですし、たまにガス抜きになります。スカッとしてストレスが発散されます。

ゲームは上手く付き合えばメンタル的にも良いという事が分かりました。
今回の記事はここまでです。お読みいただきありがとうございました。
個人的に今回の記事に関連した質問がある場合は問い合わせフォームよりどうぞ。

※メンタルについて更に詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる